スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーモアと言論の自由が無い国

 異論反論は求めていません。

 ちょっと言ってみた単語に対して、過剰反応して鬼の首を取ったかのように野次罵声を浴びせる国ニッポン。
 だから、この国のユーモアは育たない。

 某法相のあの発言だって、地元の講演会か何かで喋ったことならば、それはただのリップサービスでしょうに。
 まあ、「そんなに甘くないけどね」とかフォローすればよかったのだが。
 もしかしたら長い文脈の中にはユーモアや比喩や含蓄のある言葉の中でのあの発言だったのかもしれない。
 しかし、例の科白だけ切り取られて放送されているんじゃ、我々は知るよしもない。
 某元首相の漢字が読めないと言って揚げ足を取った件についても、どのくらいの人が100%正しい幹事を使えているのか。
 我々ブロガーとして例えるなら、うっかり誤字脱字したのについて追求されて、終いにはブログ撤退するようなものだ。
 そんな誤字脱字なんざ日常茶飯事だろうにね…

 政治の世界で問題なのは、以前与党だった現在の野党が、全く同じことを繰り返していることだ。
 これだと何も踏み出せないじゃないか。
 もっと重要な検討事項があるんじゃなイカ?

 ブラックジョーク、切れ味のあるユーモア、含蓄のあるコメントは得てして毒のある言葉だと思う。
 色々と、裏の意味を読み取れば、それは諺等と同じようなものに相違ない。
 それを揚げ足とって喜ぶのは、逆に知性の欠如ではなかろうか。

 私は常日頃、島田紳助や明石家さんまのようなトークを目指したいと思っている。
 つまりそういうことなのだ。

 さて、この話全体にとあるメッセージをこめていますが…まあよい。

 異論反論は求めていません。
 もともと小心者だし、論じることができるほど教養ないし、何よりこんなことで時間を割くのはもったいない。

 ね、これにてこの話は お し ま い !

<※参考 斎藤孝「コメント力」>

 早速誤字があるというおまけ付。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiku frater

Author:kiku frater
2013/05/04 を持ちまして活動を終了しました。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。